2007年07月19日

楽譜を「読む」− 第一楽章

音符は読めない、という方でも、「楽譜を読む」ことはできるのです。

「のだめ」ブームもあって、クラシック音楽を深く知りたい、と思ってここを訪れてくださった方、ありがとうございます。
クラシック音楽、特にシンフォニー(交響曲)を深く楽しむ=理解するために、楽譜を「読む」ことを一度は試してみませんか?

音楽を理解する、とはどういうことなのか、私の思いつきですが、以下のようなパターンがあるように思います。

@演奏者への共感⇒曲への理解
その演奏を聴くことで、演奏者の心と結ばれる、というパターンです。ライブを聴いて味わえる喜びです。

「のだめ」ファンなら、ベートーベンの交響曲第七番を聴くとワクワクしますよね?
それは、この曲=千秋の情熱、Sオケの熱演というイメージが心の中にあるからではないでしょうか。

A作曲家への共感⇒曲への理解
作曲した時、作曲家がどういう境遇にいたのか、というエピソードを知ることで、曲そのものからメッセージを聴き出す、というパターンです。伝記を読んだり、音楽史を学ぶことで造詣が深まります。

B曲そのものへの理解
作曲家がその曲に何を託したのか、曲そのものを読み解いていくパターンです。
作曲家との対話をしながら何かを発見し、その度にその曲が自分のものになっていくのを感じることができます。

「のだめカンタービレ」で千秋真一が一心不乱に「譜読み」する姿を見て、「カッコいい」と思ったところから入って下さっても結構です。千秋が傾けた情熱の後追いをするつもりで、楽譜を読む、ということをご一緒に試してみましょう。



blogram投票ボタン   
この記事へのコメント
トラバありがとうございました。
こちらからも送らせていただきます。
懐かしい記事を発掘してもらえて、とっても嬉しいです。 さんきゅ♪
Posted by ドルチェ@ピアノぶらぼー! at 2007年08月09日 08:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※私が拝見し、承認したコメントから順に表示されます。

この記事へのトラックバック

ベートーヴェン交響曲第3番「英雄」ピアノ版 試聴と楽譜
Excerpt: アニメのだめカンタービレ第7話では、のだめが弾く 英雄交響曲ピアノバージョンが お楽しみいただけます。 暴君のようになってしまった 指揮者千秋を目覚めさせる大切なシーンにしては、ちと短め? 第1楽章の..
Weblog: ピアノぶらぼー! もっと身近にクラシック
Tracked: 2007-08-09 08:14
読んで下さってありがとうございました。
ブログランキングへの投票をお願いします。
(ここをクリック)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。