2007年08月04日

楽譜を「読む」

音符は読めない、という方でも、「楽譜を読む」ことはできるのです。

楽譜を「読む」つまり譜読みについて、クラシック音楽に興味を持った方がその先の世界へ足を踏み入れるきっかけになるよう、このコーナーを開設しました。

第一章
http://classicjourney.seesaa.net/article/48396388.html
そもそも「譜読み」にはどういう意義があるのか。なぜ音楽の理解に「譜読み」が重要なのか。
譜読みに関心をもって頂くための導入部。

第二章
http://classicjourney.seesaa.net/article/48588376.html
オーケストラ・スコアの紹介。実際に「譜読み」をしてみます。譜読みの楽しさを実感して頂きます。

第三章
http://classicjourney.seesaa.net/article/48399440.html
譜読みをする上で役に立つ、ガイドブックを紹介します。



blogram投票ボタン   
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※私が拝見し、承認したコメントから順に表示されます。

この記事へのトラックバック
読んで下さってありがとうございました。
ブログランキングへの投票をお願いします。
(ここをクリック)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。